3年8組 製作






卒業生・松崎公昭さんに聞いた昔の二中



←衆議院議員・松崎公昭さん
 インタビューに応じて下さいました 

松崎公昭さんは柏市出身で、
 柏三小・柏二中・東葛飾高校・早稲田大学を卒業された。
*****************************************************

松崎さんが中学生だった頃、二中は木造校舎で隣には豚小屋があり、第二グラウンドは田んぼでした。人数が多かったので、二中の校舎には全員はいらず三小と同じ校舎で、毎日ゲタで登校するのが日常でした。松崎さんはバスケットを朝から晩までやっている程スポーツが好きだったのでバスケット部を三年間続けていました。当時、野球部は体の大きな先生が顧問だったのでとても強かったです。また、委員会などの組織はまだありませんでした。昭和三十年代の先生は若い人が多くスパルタのような厳しい教育でした。二中の学力レベルもなかなか優秀で東葛飾高校への進学者が多かったそうです。塾などに通っている生徒は少なく、かわりに部活などが盛んでした。小中学校の頃の夢は教員になることでした。同世代にも教員になりたいという人が多かったそうです。しかし、三十一歳のときに「日本の社会を変えたい!」と思い政治家になろうと決意されました。松崎さんの父親も政治家で、そのため幼い頃から政治や選挙などと親しみやすい環境にいました。
  松崎さんからのメッセージ
「よく遊んでよく学び、政治にもっと関心を持ってほしい。授業だけではなく社会全体に目をむけて、少年犯罪などについて、中学生のみなさんにももっと話し合ってほしいと思います。そして、ノーベル賞を受賞された田中耕一さんのように想像知識などをもっと活用して幅広い分野での世界進出をして、日本も他の国に負けないようにどんどん挑戦していってください。」
以上、松崎さんへのインタビューでした。






真部 令子さん 

二中の歴史を調べるうえで、私たちは、過去にこの二中を卒業された先輩がたに話を伺いました。一人目はまず初めに、昭和48年度の卒業生で、今は、メガロス柏のそばで、饂飩屋を営んでいらっしゃる現二中生のお母さん真部令子さんに伺いました。

質問タイム
・ 部活動は何だったのですか
 体操部でした。
・ 昼食はどうでしたか
 弁当でした。女子が残したりしたものを、男子が代わりに食べるという光景が見られました。
・ 昔の二中はどんなところがよかったですか
 先生と生徒の仲がとても良く休日によく先生の家に遊びに行きました。
・ 今の二中はどうですか
 いろいろな面で生徒がおとなしいように思えます。
・ 二中の思い出 
 10人ぐらいで先生の家に行ったことです。
・ 今はどのような事をやっているのですか
 いま饂飩屋をやっています。



石田 裕さん

二人目は19年度卒業生の石田裕さんにインタビューしてみました。
・ 当時の二中について
 全体的に安定していました。運動も学力も良かったです。制服は今と同じようなものでしたが、名札を制服に縫い付けていました。制帽もあって、サザエさんにでてくるようなベレー形でした。木造校舎で冬のストーブは一部コークスを焼くものでした(煙突つき)。夏の体育はみんながみんなランニングを着ていました。当時のクラスでは、クラス内で2組も結婚していて、たくさんの人が役所で勤めています。
・ 部活動について
 私は、写真部でした。でも、合唱コンクールに出るために半ば強制的に入れられました。でも、練習ではうまくいっていたのにいざ舞台に立つとなると緊張してぜんぜんだめでした。
・ 良かったところ
 校庭が広くて、環境が良かったです。あと、クラスが団結していて、前に何か賞をとったとき先生がカツ丼をおごってくれました。

 私たちはこのインタビューを通して昔の二中と今の二中との良い所と悪い所の違いがよくわかり、この二中が創立してからの50年間に、私達二中生の生活や当時の環境が大きく違ってきたことがわかってきました。しかし、昔の二中生と今の二中生の多くに共通しているところは、生徒が生き生きとして、充実した学校生活をこの二中で過ごせたということです。そして、この伝統は、未来の二中生にも私たちがしっかりとつたえていきたいと思います。

平和堂店長宇佐見さんに聞く!
~元二中の人って今何をしているの?~
宇佐見さんのプロフィール           
名前     宇佐見 政雄 第六期生
歳        五十五歳
職業       学生衣料店経営
趣味       ゴルフ
好きな食べ物    もち
嫌いな食べ物    特になし

素敵なお店平和堂

平和堂とは、柏二中やほかの中学.高校などの制服を売っています。
宇佐見店長はじめ、息子さん娘さんも一緒に、私たちがいつも着ている制服等をそろえてくれています。店の雰囲気もよく明るく迎えてくれます。
皆さんもぜひ足をはこんでみてください^-^    
店の風景です↓↓


宇佐見さんとお孫さんです
^0^
カワイイお孫さんでした。

宇佐見さんがHEROだった頃

宇佐見政雄さんが二中生だった頃、二中は、創立6周年をむかえた頃でした。
二中周辺は、まだ、建物がなく唯一売店が1つあるくらいで、
二中自体も今の校舎とは、かけはなれたものでした。
プールもなく、体育館もなく、そしてブタ小屋がありました。
宇佐見さんは、そんな環境でのびのびと元気よくすごしHEROになったそうです。
そんな宇佐見さんに聞きました。

Q ジャージの色は何色でした?
A その頃は、ジャージはなくみんなえりつきの体操服とトレーニングパンツだったよ。
Q 給食で一番好きだったメニューは何ですか?
A 給食はなかったね。給食は1994年から始まったそうです。 
Q 何部に入っていたんですか?
バスケ部に入ってて人気だったよ。
Q どんなことが生徒どうしで流行っていたんですか?
A みんな部活が夢中でなかったね。
体育祭などの行事では何が盛り上がっていたんですか?
紅白対抗リレーや、部活リレーが盛り上がってたね。
Q 今と昔の制服にちがいはありますか?
特に変わらないね。
Q 全体的にその頃の二中は、どんな雰囲気でしたか?
A 活発な生徒が多くてねみんな部活に入って元気よく生活してたね。
Q その時の二中のアイドルはいましたか?
A 俺かな(笑)

そして今の宇佐見さん

二中を卒業して平和堂の店長になった。
宇佐見さんに今の生活を聞いてみました。

Q どうしてその職業についたんですか?
A 親がやっていたから・・・
Q その職業につくためにどんな事をしましたか?
A いろんな事をやっていたね。そば屋や、ガス屋、八百屋とかね。
Q 今の職業は具体的にどんなことをしますか?
A 自分の店のアピールをしてます。
Q 二中での生活が今に役立っていることは?
A 友達がいっぱいいることが一番だね。社会に出るとき、友達から職業をしょうかいしてもらったりしたね。
Q 自分は中学時代とは変わったと思いますか?
A いや、特に・・・。
Q 中学時代には何になりたかったんですか?
A 特にはなかったけど、野球にあこがれてたかな。
Q 今の二中生を見て今と変わったところはありますか?
A 昔はがさつな人が多かったけど、心が濃い感じがしたね。熱い感じかな。今の人は、スマートな感じで、ちょっと冷たい感じがするね。
Q PTAでご活躍したそうですが、どんな感じでしたか?
A 特にやってたわけではないけど、部活後援会をやった。
Q どんなときが楽しかったり、うれしかったりしますか?
A 学校休んで部活の試合に勝ったとき。

宇佐見さんご協力ありがとうございました。





私たち四班は、二中の第六回卒業生で、三小の近くでアカシヤという店の店長をなさっている、溜川良則さんにお話を伺ってきました。

Q1 昔のことで特に印象に残っている事は?

 A1 何もなかったので、印象に残っていることといえば古ぼけた木造校舎と、青い大空です。
Q2 今の二中と昔の二中の違いは何か感じますか?
 A2 昔は、体育館やプールがなく、卒業式や終業式を校庭でやっていました。だから前日が雨だった時は地面がぐちゃぐちゃで大変でした。今の二中は、とてもきれいになって、羨ましいです(笑)昔は、ジャージが特に決まっていなく、自分の好きな色や柄の物を着ていました。
Q3 部活動は何部に所属していましたか?
 A3 男子バレー部に入っていました。私たちの頃は、九人制で行われていました。私のポジションは中堅のセンターレフトでした。当時は、中学校の数が少なく、二中を含め、五校程度しかなかったので、対戦相手がいつも同じでつまらなかったです。だから、今は学校が増えていてうらやましいです。
Q4 他の部活はどうでしたか?
 A4 バスケットボール部と野球部は毎年強くて優勝ばかりしていました。当時は、皇后陛下のみちこ様が天皇陛下とテニスで知り合って結婚したので、テニスブームになりました。なので、部活もテニス部が1番人気でした。


アカシヤは、三小通りに入ってすぐの所にあります。皆さんも行ってみて下さい。





 西側からの道に最も多くの生徒が登下校する校門があり、その左側に校舎がありました。その校舎の後ろのさらに西側に体育館がありました。校門から入って右側にはバスケットコートがありました。東側には16号線から坂道をあがったところにもう一つの校門があり、こちらを利用している人もいました。この坂道をあがって校門へ入ると右側に石炭や薪などの燃料置き場の小屋がありました。教室が寒いため、石炭をダルマ型ストーブに入れる係がありました。石炭は燃えがらの石炭灰が出るので掃除当番が大変そうでした。ストーブを囲む網に弁当を置いて温めるのが流行りでした。校舎は運動場の西にあり、運動場の西側に『考える人』の像がありました。暑い夏には貧血を起こす人もいました。夏には教室に泊まり、肝試しをしたことがあったそうです。先生が、中学校近くの怖い話とか、柏おいなりさんの天狗の話をしてくれたそうです。その後で教室から生徒が一人ずつ職員室の古時計のあるところから階段を上り理科室のそばを通過してから教室に戻るという肝試しでした。学校の階段(怪談)はその当時からありました。また、授業中うるさかったりすると、運動場10周走るとか、腕立てふせ何回とかいう罰則もありました。校舎の北側は崖になっていて、そこの林にはアケビやカラスウリがなっていて、アケビを食べていたそうです。また、校舎の北西にはバレーコートがあり、当時バレーのマンガが人気で、昼休みにはバレーをしていました。 
↓体育祭

↓クラス写真

↓当時の先生・校舎




 放課後、運動場では陸上部や野球部が一生懸命練習に励んでいました。県大会で活躍する人も何人かいました。軟式テニスクラブに属していたときは千代田町のテニスコートまで出かけて練習していました。理科クラブでは理科室で酸やアルカリの実験、火花の実験をしました。バスケット、バレーは外のコートで行いました。3年になると高校入試が近くなり部活に出席できる時間も少なくなりました。



 その頃も、京都と奈良に修学旅行に行きました。長時間かけて行き、夜行でした。奈良では鹿にせんべいを食べさせ、東大寺の大仏を見学し、大仏殿の柱にあいた穴をくぐりました。京都ではいろいろな寺めぐり、そして繁華街ではおみやげをたくさん買いました。宿舎では恒例の枕投げでもりあがりました。 



 当時、給食はなくて、お弁当持参か近くの店で弁当を買ってきました。西側の校門前のお店からパンや飲み物を注文してお昼を食べたことがありました。当時、牛乳びんのふたを各種集めてふたを机に載せて、別のふたを机のすみから手で押して動かし別のふたが机から落ちるともらえるゲームが盛んでした。また、ふたでめんこを行い、後ろ向きになったふたをもらって集めました。また、ヤクルトや牛乳のふたの後ろに当たりが出ると景品がもらえることもありました。弁当をいち早く食べると運動場に行き場所をとり、昼休みにクラスでキックベースボールやバレーボールを行いました。 


30年前この柏二中の生徒だった
広瀬勝さんに昔の二中についていくつかインタビューをしました。

昔の校舎はどんな感じでしたか?
 ・ 昔は木造校舎で今とぜんぜん違いました。
当時の給食のメニューはどんな感じでした?
 ・ 昔は給食ではなく弁当を各自で持ってきていました。
当時の制服はどんな感じでした?
 ・ 制服の形は今と変わりませんが当時は男子は全員帽子を着用していました。
当時の学校内での服装も今と違っていたようですが?
 ・ はい、当時はランニングと短パンでランニングには名札を縫い付けてありました。
当時はどんなカバンを使ってましたか?
 ・ あの当時はみんな肩掛けカバンを使っていました。例えるなら昔の3年B組金八先生に出てきた生徒が登校時に使っていたようなものを使用していました。
当時好きな人がいたそうですが、広瀬さんは、もてていたんですか?
 ・はい。好きな人もいましたし、とてもモテていました。ラブレターなども貰ったんですよ。
広瀬さんは、何部にはいっていたんですか?
 ・卓球部に入っていました。
1クラスの人数はどのくらいでしたか?
 ・1クラス45人くらいでした。男女の数は同じぐらいの人数でした。
先生はどんな先生が多かったのですか?あと、どんな生徒が多かったですか?
 ・先生は、けっこう厳しかったですねー。不良なんかは、いませんでした。
二中の50周年記念についてどうおもいますか?
 ・50周年は、素晴らしい、おめでとう!僕が卒業した時は、25周年でした。

 広瀬さんは今、消防団の第10部に所属しています。火事があったときは急いで現場に急行しています。毎月、練習も欠かさず行い、毎年ある消防団の大会では上位の成績を収めています